ドメイン
FC2ブログ
  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 猫ブログへ
↑↑ブログランキングに参加中です☆↑↑
ポチッとお願いしますm(_ _)m





さのすけとの出会い


さのすけはたくさんの仲間達と共に飼い主を失った猫でした。

突然その写メールは届いた。

野良猫の里親を捜していると送られてきた画像にはとても野良猫とは思えない
それはそれはとてもシマ模様の可愛い猫が写っていた。

実家でもずっと猫と暮らしてきたので、いつの日か今の家でも猫を飼いたいと思っていたが
安易な気持ちでは受けられないし、なにぶん話が急すぎて何も整っておらず随分悩んだ。

何事にも慎重すぎる俺の事なので最終的には気持ちを殺して
断るかも知れないなと思いつつ猫と暮らす日々の事を何となく考えていた。

次の日になってその子とその仲間たちもみんな里親が決まったと連絡があり、
ほっとした気持ちと出逢ってもないのに画像の中の猫と別れる事が少しだけ辛かった。

何となく沈みがちな気持ちを抑えてスタジアムへ向かった。
その日は俺の愛する京都サンガFCの試合。
いつものようにゴール裏で応援していたらまたしても猫の画像が送られてきた。

「最後まで隠れてた?猫が1匹残ってたそうです。」

画像があまりよくなくて、何となくしかわからなかったけど
なんとなく可愛い感じはわかった。

残念ながらこの日サンガは負けてしまった。
スタジアムの帰りにお世辞にも美味いとは言えない藤崎奈々子のラーメンを食べながらも
猫の事が頭から離れずにいた。

そして

何事にも慎重すぎる自分なのだか、明日会いに行ってみようと決めた。


さのすけとの対面

俺の事だから触ってしまうと断れなくなる事はわかりきっていたことで、
それでも、そこは冷静に判断しようと思い自分の中決めていた。
ずっと付き合っていくのだから半端な気持ちでは猫に対してもかわいそうだから。

待ち合わせの時間にあわせて車を走らせる。
物凄く緊張したのを覚えてる。

いよいよ対面の時
扉をあけた向こうで抱えられている小さな猫。
それがさのすけでした。

テーブルの上でみんなに愛想を振りまくさのすけ。
色も模様も、片足だけ白いハイソックスな所も、
そして決してペットショップにはいないであろう短いしっぽ。
そんなパンクスな所もすべてが可愛く思えた。

もう頭の中はさのすけとの暮らしの事一杯だった。

素敵な人に拾われた事。
最後まで隠れていた事。
画像の映りが良くなかった事。

さのすけの強運が引き合わせてくれたんだと思った。

三つ目のあの程よく可愛く、程よく不鮮明な画像が俺のフットワークを軽くしたのかもしれない。

何も知らずにじゃれているさのすけをかわいいパスタの箱に入って家まで帰る事になりました。

俺の大好きなパスタの箱に入ってくるあたりどこまでもにくたらしい。


さのすけを連れて帰る。

さて、連れて帰る事が決まったけどウチには何もない。
実家に行けばまろのお下がりをもらえるけどそんな時間は無い。

一時でも早く箱から出してやりたかった。

とはいえ本当に何もないので車を走らせながら必要なものを相談。
1号線のペットショップによる事にした。

車に乗ってからはネットからだしてパスタの箱の中。
最初は鳴いていたけど気付けば寝てた。

ペットショップの駐車場で眠りについたさのすけが入った箱をそっと運転席において
二人でダッシュで買い物。

・えさ
・トイレ
・ゲージ
・爪切り
・おもちゃ
・etc

車に置いてきたさのが心配で急いでもどって車の窓から中を覗くと
しっかり箱から抜け出して運転席に座ってた。

そして覗かれている事に気づき鳴きながら駆け寄ってきた。
あの時のこっちを見上げたさのすけの顔はきっと忘れられないな。

いよいよウチにつくと、全く戸惑うことなくえさをしっかり食べた。
そのあとおもちゃで少し遊んだ。
でもとにかく膝の上に乗っていたいらしく、つきまとって離れてくれない。
二人してえさの分量やらトイレの説明書やら読みあさって、ゲージを設置したりと大忙し。
さのすけはお構いなくまとわりついてくる。

トイレに行く様子もなく、お水も飲んでくれない。
何もかもわからない事だらけ。

夜寝る時はゲージの中に入れておいた。
しばらく鳴いていたけどさのすけもつかれていたのか次第に静かになり眠りについた。

全ての作業をおえて布団に入ったのは夜中の2時前
それでもさのすけが心配で一晩寝付けず夜中に何度も目を覚まし様子を見に行った。

翌朝さのすけを見に行くと昨日と変わらず元気な様子。
ウチに来て初めての朝を迎えました。


こんな感じでさのすけとの生活がはじまったのである。



スポンサーサイト



にほんブログ村 猫ブログへ
↑↑ブログランキングに参加中です☆↑↑
ポチッとお願いしますm(_ _)m















管理者にだけ表示を許可する
R&R HIGHSCHOOL
たくさんの兄弟と共に野良猫になってしまったさのすけ。 兄弟みんなまとめて里親に引き取られていく中、最後まで隠れていたせいで取り残されてしまいました。 でもそれが縁でウチにやってくる事になりました。 そんなさのすけの成長観察を記録していくドサクサ学園ストーリーの猫ブログです。

Ranking.
ランキングに参加中です。
応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログへ
猫ブログランキング


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

Book mark.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。