ドメイン
  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 猫ブログへ
↑↑ブログランキングに参加中です☆↑↑
ポチッとお願いしますm(_ _)m





お別れ


さのすけと最後のお別れをしてきました。

最後の夜は陽が昇るまで色々とさのすけとお話をしていました。
いつまでたってもさのすけの体はつやつやでお腹はプルプルしていました。今にも起きてノビでもしそうな寝顔でずっとそばにいてくれました。

火葬場へ向かう前にさのが過ごした家の中を一通り見せてやりました。
さのすけが日向ぼっこをしていた和室の窓
一度だけ粗相をしてしまったカーペット
さのが毎日寝ていた小屋
ほとんど使わなかった爪研ぎ
さのすけが落っことして壊してしまったトースター
朝のお見送りの時に一度は必ず隠れるスツールの下
ずぶ濡れになりながら蛇口の水を飲んだ洗面所
小さい頃はなかなか駆け上がれなかった階段
隠れてはちょっかいをかけてきたタオルハンガーの隙間
一度入ったら中々出てこないベッドの下

さのすけの好きだった場所を思い出話をしながら回りました。

この家のあらゆる場所にさのすけの残像があります。
そのひとつひとつがとても暖かく幸せなものばかりです。

そんな幸せの詰まった場所からさのすけを連れ出すのは辛かったです。


火葬場に着くととてもきれいな桜が咲いていました。
さのすけにとっては初めての桜です。

こんなに桜がきれいに咲いているのに
ぽかぽか陽気のとても心地よい気候なのに
誰もが幸せに映る景色が広がっているのに
さのすけは眠ったままでした。

さのすけの体にたくさんの桜の花びらを振りかけて送り出してあげました。他にもお花を添えてやり、さのすけが好きだったおもちゃをふたつ、そしてさのすけが大好きだったファーのシュシュと冬が来ても寒くないようにマフラーを持って行かせました。
さのすけが一番お気に入りだったネズミのおもちゃは形見としてもらうことにしました。

最後の、本当に最後のお別れの時にさのすけの感触を焼き付けておくためにさのすけの短いしっぽをなでなでしてやって、さのすけの体に顔をうずめて大きくにおいを嗅ぎました。何度も何度も頬ずりをして何度も何度もキスをしました。
頬ずりもキスもさのすけは大好きだったからすこしだけ喜んでくれているような気がしました。


煙突から煙が上がり、さのすけが昇ってゆく青い空をしばらく眺めてみました。空を眺めたのはいつ以来か憶えていません。
これから空を見上げるたびにきっと今日のことを思い出すだろう。

骨になったさのすけはとても小さかったです。
たった1年も生きられなかったさのすけの骨はまだ完全に出来上がっていませんでした。
できるだけたくさんの骨を拾って骨壺にいれてやりました。
さのすけのものは少しでも無駄にしたくないと思いました。

小さな骨壺になったさのすけと一緒に家に帰る際に、さのすけがウチにやって来たときに入っていたパスタの箱に入れてやりました。
また今日からさのすけとの新しい生活がはじまるから、あの時と同じように家に入りたかったのです。
だからきっとこれからもう一度あの日と同じように、楽しい日々がはじまればいいなと思っています。



さのすけは今ゆっくりとくつろいでいます。



この現実を必死で受け止めて前に進もうと思っているのですが、なかなか上手く気持ちをコントロールできません。

何故ウチの子がこんなめにあわないとだめなのか?
時には何かを恨んだり憎んだりしないと立っていられない思いでいます。

自分に何かしてやれることがもっともっとあったんじゃないか。
さのすけの最後を何度も思い返しては辛くて悲しくて涙が止まりません。

今まで生きてきてこんなに泣いたことはない。
でもどんなに涙を流しても、どんなに悲しんでもさのすけはいない。

どんなにきれい事を言ってもさのすけはこの世の中にいない。
いつもすぐそばにいてくれたさのすけの姿はどこにも見えない。


無理なのはわかってます。
たった一度だけいいからさのすけを抱っこしたい。


さのすけに会いたい。
さのすけの声を聞きたい。
さのすけに触れたい。
さのすけのにおいを嗅ぎたい。
さのすけとキスをしたい。



今日もさのすけと一緒に寝ようと思います。
まだまだ話したいことがたくさんあります。

言葉にするのは簡単ですが、心身ともに崩れ落ちそうなギリギリのところですごしています。



この度たくさんの励ましのお言葉を頂戴し心より感謝しております。
今はまだ溢れる想いをこらえるのが精一杯です。
一段落しましたらまたご連絡させていただきます。大変申し訳ありません。


スポンサーサイト



にほんブログ村 猫ブログへ
↑↑ブログランキングに参加中です☆↑↑
ポチッとお願いしますm(_ _)m















管理者にだけ表示を許可する
R&R HIGHSCHOOL
たくさんの兄弟と共に野良猫になってしまったさのすけ。 兄弟みんなまとめて里親に引き取られていく中、最後まで隠れていたせいで取り残されてしまいました。 でもそれが縁でウチにやってくる事になりました。 そんなさのすけの成長観察を記録していくドサクサ学園ストーリーの猫ブログです。

Ranking.
ランキングに参加中です。
応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログへ
猫ブログランキング


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

Book mark.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。